建築の専門学校に関する情報|ケンチク知識をGETしましょう

不動産

建設会社と大手ゼネコン

資格の種類と需要

men

建築士の資格を取得していると不動産業や建設業への就職に有利と働き、また自分の家を建てる時に自分で図面を書いたりすることもできます。建築士の資格を取得するには必ずしも大学の建築学科に行く必要は無く、独学で勉強して取得することも可能です。社会人になって通信講座や資格予備校そして独学で勉強して建築士資格を取得する人も少なくありません。建築士には1級と2級があり、このうち1級を取得していると大型のビルや商業施設などの設計も取り扱うことができるため、大手ゼネコンや建設会社では1級有資格者は必須となります。但し1級試験は合格率が10%程度と難関資格の1つとなっているので、相当勉強をがんばる必要があります。

効率の良い勉強方法

1級建築士試験の範囲は非常に膨大です。そのため勉強方法にも工夫が必要です。まずテキストを最初から最後まで全てを通して理解することは合格が遠くなります。過去問を中心に勉強してわからないところはテキストに戻って内容を確認する方法で勉強を進めていくことが効率的です。実際合格者のほとんどがこの勉強法で勉強する範囲をしぼって勉強して、合格しています。皆があまり勉強していない項目は、皆ができないので差はつきません。どちらかというと皆が正解する選択肢を確実に正解できるようにすることが大事です。過去問と同じ問題は出題されませんが、聞き方を変えて出題されることはよくあります。その時に正解か不正解かの理由をきちんと理解できていれば、聞き方を変えられても対応できます。専門学校ではこのような問題を解くポイントもわかりやすく教えてもらえるため合格率が高いと言われています。