建築の専門学校に関する情報|ケンチク知識をGETしましょう

不動産

建物をデザインする仕事

取得しておくと有利な資格

不動産

若者に人気のある職業で多いのがデザイナーです。デザイナーにも色々な分野がありますが、最近人気を集めているのが建築デザイナーです。仕事は住宅やオフィスビルなどをデザイン設計する仕事です。建築デザイナーの仕事は、主にハウスメーカーや住宅販売業者から依頼を受けることが多いです。建築デザイナーになるには専門の勉強をする必要がありますが、建築系の専門学校で基礎的な知識や技術を身につけることができます。最近はコンピューターグラフィックスでデザインすることが多いので、CG関連の資格を取っておくと良いです。また将来的に自分で事務所を持つ場合は、一級建築士や二級建築士の資格を取得しておくと仕事上の信頼性が高くなり、活躍の場が広がります。

全体の調和が必要な仕事

建築デザイナーに必要なのは建築についての基本をしっかり学ぶことです。デザインは才能が必要と一般的には思われていますが、基本が身についてないとデザインは机上の空論に終わります。大事なのは外観などのデザインと同時に、機能性や建物の強度をいかに盛り込めるかです。また色彩感覚もとても大事です。専門学校でも色彩の組み合わせなどについて勉強しますが、日常生活の中から学び取る姿勢が大切です。そのためには様々なものに興味を持ち、街中にある建物から学び取ることがデザインにも生かされるのです。建築デザイナーには客観的に全体像を眺めることが重要です。全体の調和があってのデザインなのです。最近は建物だけでなく周辺環境もワンセットでデザインするケースが増えています。環境問題が深刻になる今後は、トータルとしての建築デザインが求められていきます。