建築の専門学校に関する情報|ケンチク知識をGETしましょう

不動産

家を建てる仕事の特徴

不動産

建築は、人材不足に悩まされている今の時代には需要が高い職業の一つです。そして、給料も高いし、消費者の笑顔も見れるのでやりがいがある仕事です。建築という仕事をするためには、まず美的センスを養うことが大事です。次に、いろいろな知識を知っておくと有利です。安全な施設を作るという責任感も重要です。

大卒資格も取得可能

どんなシステムか

women

近頃では1級建築士の資格も大学の建築学科だけでなく、専門学校の建築学科や建築設計家で取得することが出来ます。専門学校で取得することが出来る資格に関しては、2年制もしくは3年制で2級建築士、4年制で1級建築士の資格が取得できると考えておきましょう。また、近頃の専門学校であると、4年制のコースを履修していると、放送大学などと提携をすることによって、専門学校を卒業するだけでなく、大学卒業資格である学士号も取得できるカリキュラムを取っているところもあります。ですが、1級建築士は、2級建築士の資格を持っていないと取得することの出来ない資格であるので、1級を目指す場合は最低でも6年かかってしまうことを想定しておきましょう。

それでは、このような建築を学ぶことの出来る専門学校ではどのようなことを学ぶことが出来るのでしょうか。これに関しては、まずは設計の基礎を学ぶことが出来ます。例としては製図だったり、それだけでなく、インテリアのデザインも一緒に学ぶことが出来ます。また、実際に建物を建てる実習に関しても専門学校であると充実しています。専門学校で建築を学ぶメリットに関しては、何より大学と比べて学費が安く、奨学金も取得しやすい点です。それだけでなく、専門学校であると就職のサポートがしっかりしており、希望する職種の募集も直接学校に来ることが多いです。大学に通っていると、求人は自分で探さないといけないため、就活がとても楽です。

建物をデザインする仕事

不動産

建築デザイナーの仕事は住宅やオフィスビルのデザイン設計をすることです。大事なのは専門学校で基礎から学ぶことです。色彩感覚などは常に好奇心を持って日常生活の中から学び取る姿勢が必要です。今後は建物だけでなく周辺環境もワンセットでデザインする仕事が増えていきます。

建設会社と大手ゼネコン

men

建築士資格をもっていると就職や転職に有利に働くだけでなく、自分の家を設計することもできます。資格には2級と1級があり、1級を取得しているとビルなどの設計ができるため大手ゼネコンや建設会社では需要は高いです。